足からハッピーチャージ『視診法 Vol.2 ~温度:その1~』

私達は、足先を触れて、冷えの段階がどの程度なのかを知ることが出来ます。

・・・

冷えの段階?・・・

と思った方もいると思います。

お亡くなりになった方に触れたことはありますか?

体の芯から底冷えを感じた経験はないでしょうか・・・

私達が一般的に平熱と把握している温度は、36.5度ぐらいではないでしょうか・・・

 

男性より女性の方が、平熱が低いと言われる理由の一つには、

筋肉の量の違いがあるそうです。

筋肉の質が良い方や、海外の方は、

寒い日でも平気で半袖で過ごしているのを見かけます。

海外の方たちの平均体温の認識は、日本人の平均体温より高い37度だそうです。

私たちも体温の意識レベルを、今日から上げてみましょう!

だって、プラス1度で、免疫力が30パーセントアップするんですもの。

 

私の師は、常に温度の大切さについて講義します。

日本人の若者は特に、体温が低く35度代が多いことが、

問題であることを認識しなくてはならないと言います。

裕福な国でありながら、うつ病や、自殺が世界№1の国だからです。

とても悲しい現実です。

 

冷えは、何処から始まるのか…?

その答えは指先です。

人が亡くなられて、硬直が始まるのも、先端の指の関節からです。

冷たくなるのも、下から、上に徐々に冷えるのです。

スキー場に行ってブーツの中が冷えているときは、何枚服を重ねても寒いままですが、

ブーツの中が、温かければ、ウェアーを脱いても平気だった記憶があるかと思います。

1年365日是非、足とお腹は温めることを意識してください。

足が芯から温かい状態の時の色は、ピンクです。

そして間違いなく、お腹は温かいはずです。

お腹だけ温めても下から、上に熱が行く法則上、芯からは温まりません。

お腹には、沢山の臓器が、集中しています。

特に女性は、子宮があり、歳に関係なく美しい人は、子宮がきれいな方なのです。

それは、ホルモンの分泌量が違うからです。

体温については、まだまだお伝えしたいことがありますので、

次回も引き続き冷えのお話です。(^_-)